姿勢のいい座り方

姿勢のいい座り方で生活を改善する方法

スポンサーリンク

座りっぱなしのデスクワークの人の健康法は姿勢のいい座り方にあります。
正しい姿勢を身につけることで、体調不良の改善やダイエット効果も望むことが可能です。
正しい姿勢を保つことで、全身の骨や筋肉に力が分散するので、脳にも酸素がいきわたり、頭の中も自然とクリアになります。
そうすることで、集中力をいつもより長い時間続かせることができ、自分のデスクワークの効率も上がります。
自分が気が付いた時に、一瞬姿勢を正すなど、毎日思い出した時に気を付けるだけで正しい姿勢で座ることを習慣づけることができます。
デスクワークによって生じる腰の痛みや、肩こりをリフレッシュする手軽な方法でもあり、誰でも簡単にできるというところがおススメできます。
スポンサーリンク

姿勢のいい座り方はまずは、背もたれとお尻がぴったりくっつくように深く座ると腰の骨が自然と起き上がるので、90度の角度で座ることができます。
その次にひじやひざが90度前後に曲がるようにします。
首は、顎が出ないように顔の正面にディスプレイが来るように椅子の高さを調節すると自然と顎を引いて座ると、体の負担が少なくなる座り方になります。
足を組んだり、前に出さないように気を付けるとさらに姿勢のいい座り方になります。
もともとそういった癖がある人なら、古い電話帳などを足元の踏み台にすると癖の改善にもなり、インナーマッスルも自然と鍛えられます。
また、電話帳を置くことで自然と足の裏が地面につくので腰にかかる負担を分散することができます。
スポンサーリンク