姿勢反射障害 原因

姿勢反射障害の原因と治療法

スポンサーリンク

姿勢反射障害とはバランスを取るのが難しくなる病気です。
主な症状はバランスを取るために立ち上がった時にはひざを曲げて少し前かがみの姿勢になったり、歩く時には小股ですり足気味になったりします。
また、何もない場所でも簡単に転んでしまったり、歩いていると小走りになって止まらなくなったり、足を前に出そうとしてもなかなか前に出ないこともあります。
姿勢反射障害は下位運動ニューロンや上位運動ニューロンに障害が起きて痙性麻痺が起こしたり、脳内ドーパミンの不足やアセチルコリンの相対的増加によってパーキンソン病を発症することなどが原因で発症します。
小脳が障害を受けることで小脳性運動失調になったり、錐体外路系変性障害を発症することが原因となることもあります。
スポンサーリンク

姿勢反射障害の専門科は神経内科などになります。
検査方法は立った状態で前後から押したり前後左右に揺さぶるなどして患者の反応を調べます。
後方に押したり引いたりした時に後退して倒れる場合は中程度、そのまま倒れる場合は重度の姿勢反射障害である可能性があります。
姿勢反射障害の明確な治療法はいまだに確立していないので医師と相談しながらの薬物療法が基本的な治療法となります。
徐々に病状が進行していくので定期的な診察が必要になりますし、全身の機能を維持するためには日々のリハビリ治療が重要になります。
リハビリは歩行訓練や姿勢の矯正、方向転換の訓練などの運動療法を中心に行います。
専門の病院でしっかりと治療を受けたりリハビリを行えば症状を改善することが可能です。
スポンサーリンク