姿勢 制御 メカニズム

静止姿勢制御のメカニズムについて

スポンサーリンク

私達は、日常生活の中で様々な姿勢を保持する機会があります。
この時、自分の今の状態を感知するセンサーとしての固有感覚、触覚や視覚の情報が、脊髄や脳などの中枢神経系に集約処理され、手足と体身体の相互関係が重力とバランスをとるように、全身の筋緊張を調整する指令が出されます。
姿勢保持制御には色々な調整のメカニズムが関与しています。
直立位で身体が前に傾くと、下腿三頭筋は伸展反射により、伸展されて収縮し、身体を元の位置に戻そうとします。
さらに前方への傾きが大きくなると、別のメカニズムが働き、下肢屈筋群の促通と伸筋群の抑制が起こり、下肢を一歩前に踏み出します。
これが飛び直り反応です。
同じような外部からの刺激に対しても、その刺激の強さや身体の状況によって、いろいろな反射が働いてバランスを保持しようとします。
スポンサーリンク

姿勢の保持制御の基本は、四肢伸筋群の伸張反射です。
筋の長さの微妙な変化に対して、脊髄反射を介し筋緊張の程度を調整します。
更に、大きな体の揺れに対しては、平衡感覚や長経路反射によって調整されます。
脊髄より上位の中枢から、脊髄への抑制性制御が消失してしまうと、伸筋群の筋緊張亢進や痙縮が起こってきます。
この現象は、重力に抗しようとする機能が亢進しているのですが、バランスを保持するという面では、機能していない状況です。
他の姿勢保持機構が働く為には、抗重力機構もうまく機能する必要があります。
痙性麻痺を呈している場合、抗重力メカニズムの陽性支持反応が強く現われ、重力に対して関節を固定する事は起きるけれど、外力により、重心がずれてしまうと、転倒してしまいます。
外力に対する姿勢制御には、立ち直り反射や平行速動反射、長経路反射の働きが必要になってきます。
スポンサーリンク