姿勢 正す 息苦しい

普段息苦しいと感じている人は姿勢を正すと解決する

スポンサーリンク

姿勢と呼吸とは、あまり関係がないようにも思えますが、実は大変重要な関係があるのです。
姿勢が悪い人というのは、ほとんどが「猫背」であり、「巻き肩」になりやすい傾向にあります。
そうすることによって、胸部が圧迫され、呼吸が浅くなり、なんだか息苦しいと感じるようになってしまうのです。
これは、普段の生活の中での心がけももちろん大切ですが、慢性化してしまうと「睡眠時」にも息苦しくなり、姿勢を正すことがむずかしくなってしまいます。
また、睡眠時にこの状態になってしまうと、睡眠の質も落ちてしまうので、たくさん眠ったつもりで朝目覚めてもスッキリしなかったり、日中に眠くなったりして、仕事や日常生活に支障をきたす場合があるのです。
スポンサーリンク

では改善するためには、どうしたら良いのでしょうか。
まず、長期的な矯正になることを覚えておきましょう。
それから、なるべく普段から「姿勢を正す」ということを意識するように心がけてみてください。
ふとしたときにこのことを思い出すだけでも、その瞬間にちゃんと正すことができるようにます。
毎日の積み重ねがとても大切なのです。
他に、意外と知られていないのが、「筋力不足」が原因のひとつであるということです。
特に、腹筋や背筋が弱まると、猫背になりやすいといわれています。
ですから、毎日少しずつでも良いので、筋力をつけるように腹筋や背筋をして、筋肉をつける努力をしてみると、姿勢の改善や呼吸の息苦しい気持ちから解放されるようになります。
スポンサーリンク