座る 姿勢 腹筋

座る姿勢に気を付けて腹筋を鍛えよう

スポンサーリンク

仕事やネット、手芸などの趣味に没頭していると、どうしても座る姿勢が悪くなり、前のめりになりがちです。
特にネットやものを書く作業の時は無意識に猫背になったり前のめりになってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、悪い姿勢は良いことなど、全くと言っていいほどありません。
見た目だけでなく、腹筋も鍛えられず、下腹がポッコリと出てきてしまいますし、女性にはつらいセルライトの原因や全体が痩せにくい体質へと変化していくのです。
そうならないためにも座る姿勢を改めていくことにしましょう。
毎日座る時だけでも意識していけば、歩く時の姿勢も改善されていきますので、少しずつでも良いので実践してみましょう。
スポンサーリンク

正しい姿勢は腹筋に力を入れて、背中をまっすぐ伸ばすように意識して座るようにしましょう。
文字だけでは分かりずらいので、本やネットで画像を見ながら、真似して体で覚えていくのがおすすめです。
しかし、思いっきり背筋を伸ばすのは禁物です。
無理に胸を張って、反り返るほど背中を伸ばすと、つらくて続けにくくなるだけでなく、腰に負担がかかったり、下半身に重心がかかって太ももを太くしてしまいますので、無理は絶対しないようにしてください。
徐々に慣れていけば、苦にならなくなりますし、自然とまっすぐな状態を保つことができるようになります。
その状態が続けば痩せやすい体質になるので、興味を持たれた方は是非試してみてください。
スポンサーリンク