授乳 姿勢 クッションなし

クッションなしでも上手くいく授乳姿勢のコツ

スポンサーリンク

 市販の授乳クッションは便利ですが、かさばるし後々の処分が面倒です。
お部屋のスペースも圧迫するので買うのに迷う人も多いでしょう。
クッションなしでも上手に授乳することはできます。
おうちにあるタオルや枕で代用してみましょう。
授乳のポイントは赤ちゃんの位置とお母さんの姿勢です。
 まず、お母さんの座り方。
ソファーなど背もたれの遠い場所に座る場合は、浅目に座り背筋が伸びるような姿勢で座りましょう。
後ろの背もたれまでの隙間にクッションを詰めておくと姿勢を保つのが楽になります。
ポイントは後ろに踏ん反りかえらないようにすることと、前かがみにならないようにすること、つまり、背筋を伸ばした状態をキープすることです。
赤ちゃんに対して胸を突き出すように意識しましょう。
スポンサーリンク

 次に、赤ちゃんの位置です。
赤ちゃんはおっぱいを自分で探して吸い付く能力をもっています。
赤ちゃんの体がねじれないように顔の向きと体の胴体の向きが一直線になるように抱いてあげましょう。
赤ちゃんの顔がやや上向きになってのどの部分が伸びるような感じになって吸い付いてくれていたらいい状態です。
大切なのは、その状態をキープすること。
この姿勢をなるべく楽に維持できるように、枕やバスタオル、ブランケットなどを隙間に詰めていきましょう。
 気づかないうちに徐々に猫背になっていったり、赤ちゃんの位置が下がっていったりすると、赤ちゃんがうまくおっぱいを飲みとれなかったりおっぱいの痛みの原因になります。
最初の姿勢をうまくキープすることが、クッションなしでも上手に授乳するためのコツです。
スポンサーリンク